スポンサードリンク

■リンパマッサージ手順2


リンパマッサージの手順説明の続きです。
上半身に続いて、下半身のリンパマッサージの説明です。

☆むくみ、セルライト解消 下半身☆

1・足のつけ根を押してさする
親指以外を足のつけ根にあてて少しずつ内側へずらしながら押していく。
両手のひらで外側から内股に向かって足のつけ根をさする。

2・足裏、甲をマッサージ
両手で足裏を包み込むようにして、親指を使ってかかとから足の指に向かって押し上げる。
足の裏に半円を描くように親指でマッサージ。
足の甲の指と指の間のみぞを親指でなぞる。

3・足の内側と外側をさする
両手のひらを足首にあて、ひざ、足のつけ根に向かってさすりあげる。
あしの内側、外側をまんべんなく行う。
両手で足をくるむように軽くつかみ、ふくらはぎ、太もも、足のつけ根まですこし圧迫するようにひねりあげるようにして揉む。

4・ヒップをさする
両手のひらでヒップの中央からヒップラインの丸みに沿って円を描くようにさする。
腰の位置からヒップの下に向かってさすりおろす。

自分にとって効果的な部位というのはやっているうちにだんだんと見つかると思います。例えばお店の店員さんなどで仕事中に立っている時間の多い方の場合ですと、主に下半身でおしりやふともも、そけい部やふくらはぎ、脚の甲やくるぶしなどを重点的にやったほうがよいでしょう。

また下半身の場合ですと、お風呂に入りながらやるときに、水の中でやることになるので、ローションなどを使わなくてもお湯で滑りがよくなって、かつお湯による体温上昇も伴って非常に効果的にリンパマッサージを行うことができます。半身浴をしながらもできるので良いですね。

スポンサードリンク


■リンパマッサージとアロマ


ここではアロマの効果的な使い方を説明していきます。アロマを取り扱うお店も最近は増えましたので簡単に手に入れることができます。
リンパマッサージをするときに排毒効果のあるアロマオイルを使いましょう。
アロマの精油にはリンパの流れをよくしたり老廃物の排出を助ける働きがあります。
マッサージオイルとして使えば、排毒効果が倍増します。

☆グレープフルーツ☆
リンパの働きを整え、むくみ解消に効果的

☆ペパーミント☆
スッキリとした香りで引き締め効果がある

☆ゼラニウム☆
利尿特性があり毒素を排出するのに役立つ

☆ジュニパーベリー☆
解毒、浄化作用が高く、むくみの解消に効果的

☆ローズマリー☆
血行を促進し肩こり、むくみ、美肌に効果的

アロマオイルも最近ではだいぶ一般的になってきて、様々なところで買えますし、家電などもアロマ対応しているものが多くなりました。加湿器などがその代表でしょうか。
アロマの香りによる効果というのは心理的な効果が大きく、植物によるやさしい香りがストレス解消を促進してくれるということで注目されています。
また、アロママッサージはアロマテラピーの1つでもあり、高級サロンのような気分を味わうこともできます。

ただし注意点としては、アロマが身体に合わないという場合もあるので、マッサージオイルとして使用する際はよく確認をしたほうが良いでしょう。そしてマッサージオイルとする場合には原油のままは絶対に使用せずに、ホホバオイルなどのキャリアオイル(植物油)で必ず1%以下に希釈して使用するようにしましょう。敏感肌の人は事前にパッチテストを行って様子を見てから使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。