スポンサードリンク

■リンパマッサージの影響


リンパの流れについて説明をします。マッサージをすることでどのような影響があるのでしょうか。
リンパは筋肉の収縮運動によって流れていますが、デスクワークなどで座りっぱなしだったり、長時間同じ姿勢でいるなど筋肉をあまり使わないでいるとリンパ液が滞ってしまいます。

リンパ液が滞ると、老廃物や余分な水分がたまるため、むくみが生じたり、肩こりや脂肪がつきやすくなります。

スリムな身体になるには、リンパの滞りを防いで毒をスムーズに排出することが大切です。
そこでリンパマッサージを実践し、リンパの流れをよくしてバランスのとれた身体をつくりましょう。

実践することにより肩や首のコリを解消できれば、その効果は身体だけでなく顔などにも影響が出てきます。血行が良くなって老廃物がなくなればしみやしわが出来にくくなってきます。

老廃物が身体の中にたまっていると身体がむくんだり、セルライトができるだけでなく、血行不良やそれに伴って冷え性や免疫力の低下も引き起こすと考えられます。リンパ線は筋肉や血管に沿っているため有害な物質などで詰まってしまうと、その周囲の流れを止めてしまったり、有害物質ごと溜め込んでしまったりするのです。

肩こりなども含め体調不良でお悩みの方は是非とも実践をする価値があるといえるでしょう。ある意味、手軽にできる体質改善と考えてもいいのかもしれません。

マッサージを行うと身体の循環がよくなり、トイレに行きたくなったりすることが多いので、始まる前にはコップ1杯の水などで良いので水分補給をしておくとよいでしょう。

スポンサードリンク


■リンパマッサージの知識


身体には重要なリンパの位置というものが存在します。それをまずは覚えましょう!
体内の滞りを解消し、毒の運搬と排出をスムーズにする方法がリンパマッサージ。
まずは効率よく毒を出すための正しい知識を知っておきましょう。

☆重要なリンパ節の位置☆

・耳の下
・首
・鎖骨
・わきの下
・ひじの内側
・そけい部(足のつけ根)
・ひざの裏
・足首

また、リンパマッサージは手でさするよりもジェルやオイルなどお気に入りのマッサージアイテムを使ってデトックス効果を高めるのがオススメです。

また手でマッサージする際に、肌を押したり、流すように撫でてみたりするわけですが、それらのマッサージ方法にも名称があったりします。

まずステーショナリーサークルという手技で、これは主に太ももやおなか廻りに使うと効果的です。具体的にどうするのかというと、手の平や指先を使って円を描くようにマッサージをします。ずいぶん難しそうな名前がついている割には、実はぐるぐると円を描くように撫でるだけです。

次にプレッシャーテクニックという手技ですが、これも名前ほど難しいものではなくリンパのある部位を押して、強い圧力をかける手法のことです。最近ではジムなどで流行の加圧トレーニングなどとは全然違いますからそこは間違えないで下さい。圧力をかけることで深いところまでリンパの流れを良くするために行います。

リンパマッサージの前に行うのが、エルフラージュという手技ですが、これは手のひらを使って軽くさするようにやさしくマッサージをすることです。リラックス効果が期待できます。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。